主な事業

統合的ビジネスモデル創造事業

TPAC第三者評価事業

客観的な第三者による評価が各社の取り組み(自己宣言や自己評価)に正当性・信頼を与えます。

TPAC 第三者評価総合委員会

TPAC第三者評価委員会は、「環境」「安全・安心」「ユニバーサル性」「社会性」の四つの指標を用い、企業が提供する商品の適切性と、メーカーの真摯な取り組みとしての自己宣言等の正当性を評価します。専門知識をもつ第三者による評価は、消費者に対しては購買のシグナルに、企業にとっては、プロモーションの役目だったりリスクマネジメントとなります。

詳しくはこちら → TPAC 第三者評価総合委員会
TPAC-PPS 第三者評価専門委員会(人工光型植物工場部門)

植物工場で作られた野菜の安全・安心とメリット、養液の安全・安心、工場システムのSSOPなどの再現性を評価します。安全・安心と付加価値を評価・認証することで、質の高い野菜として差別化します。生産システムの効率化や快適な作業環境の整備など、企業・従業員にとってもウィン・ウィンの実現となります。

TPAC-CCC カンパニー・クリーンコントロール認証

植物工場の衛生環境を守る諸活動を統括する会社の活動を認証します。生産物再現性運営力、TPACシステム文書類の整備と運用、業務遂行力を評価します。

TPAC-Land-Eco 土壌第三者評価委員会

Land-Eco 土壌第三者評価委員会は、利害関係者間の信頼作りの支援、健全な土地取引の促進、安心できる生活環境の形成、自然環境の保全を目指し、土壌汚染の調査・対策に精通する専門家が、第三者の立場から土壌の調査・対策事業の適切性と結果の適合性を評価します。

詳しくはこちら → TPAC-Land-Eco 土壌第三者評価委員会

どこでもファーム事業

日本中の屋上の菜園活用を目指す「食」と「みどり」の近未来型・環境プロジェクトです。

都市を豊かにする「みどり」、人との会話を弾ませる「みどり」、ビルの屋上を菜園にしようと屋上菜園「どこでもファーム」を推進します。

詳しくはこちら → どこでもファーム事業

新資源6次産業化研究会事業

Difference ×Design = Delight で持続可能な社会を創ります。

未だ十分に使われていない資源に着目し、新たな価値を見出して新資源とし、持続可能な社会を創ります。その新資源でもって地域創生に取り組みます。
新資源商品は、一次・二次・三次産業を統合(コラボレーション)する六次産業化によって高付加価値化を図り、収益を改善します。私たちが選び抜いた新技術の組み合わせを適用することにより、ローコストでハイパフォーマンスの商品を創造します。これらの商品の出口戦略もサポートできます。

詳しくはこちら → 新資源6次産業化研究会事業

CSR(CSV)協働事業

偉大な組織であってこそ人も資産も環境も最上に維持し発展させることができます。

環境問題をはじめ、組織体の社会的責任(CSR)が厳しく問われる時代において、価値の創造と社会からの信頼獲得はあらゆる組織体にとって不可欠です。そこで、知的資産とCSRを軸にしたグレート・オーガニゼーションを創るコンサルティングを行います。特にCSV(Creating Shared Value)を企業との協働の柱として展開します。
知的資産及びCSRの情報を開示し、財務諸表だけでは伝わらない自社の真の姿をステークホルダーに認知してもらうことは、社会からの支持や信頼に繋がります。企業の持続的発展のために重要な報告書(知的資産経営報告書・CSR報告書)の作成を支援します。

※ここではCSRはCorporate(企業) City(市・行政) Citizen(市民)の三つ意味を持っています。
詳しくはこちら → CSR(CSV)協働事業

産学官民連携業務受託事業

○○界、××会社、△△行政府など切れているものをつなぐことにより高いパフォーマンスを創ります。

行政(第一セクター)、企業(第二セクター)に対する第三セクター(NPO)として、「各セクターの強みを活かし弱みを補う」という観点に立ち業務受託事業を行います。公的施設の管理・運営、展示会、シンポジウム、セミナー、イベントの企画・運営、産学官協働創造事業などを展開しています。

詳しくはこちら → 産学官民連携業務受託事業
特定非営利活動法人 イー・ビーイング
〒559-0034
大阪市住之江区南港北2-1-10
ATCビルITM棟11F西

Copyright (c) 特定非営利活動法人 イー・ビーイング. All rights reserved.